FC2ブログ
レポ2
20180414053831815.jpeg


ピッティン元気かなー

お母さん通信によると

立派なたまごんを産んだそうです。











レポ1の続き。


入院2日目、10:00すぎ

誘発剤を入れるため点滴の準備やら

もし帝王切開になった時用の採血とかしまして

誘発剤がはじまりました。

その後、お母さんがきてくれました。


12:00お昼ごはん。

なかなかのボリュームでお母さんに助けてもらいました。

13:00ごろ 出張で他県に行ってたおじさん到着。

すごく忙しい月の1番忙しい日にかぶるという。


14:00ごろ 内診グリグリ。

うん、何回目だってめっちゃ痛い。爆笑。


夕方、看護婦さんに

足湯&陣痛がはじまるツボマッサージをしてもらう。

その直後、シーちゃんの心拍が弱くなった?!

と急に騒然となり、誘発剤を中断。

幸いすぐ元気になって再開。


17:00 誘発剤終わり、内診グリグリ。

子宮口は約2cm あんまり変わってない。

万が一の帝王切開のため

その日の夜0:00から絶食と水分は朝9:00まで。


お母さんが帰っていき、

18:00ごろおじさんも帰宅。

夜も一緒にいようかってなったけど

昨日もあんまり寝てないみたいだし、

今日はいっぱい寝て明日に備えようって帰ってもらいました。

その後、夜ごはん。

おかゆにしてもらったら、食べることができました。


夜、誘発剤をやめるとおなかのハリとか痛みとか

なくなるので、なんで進まないんだろう?って

ちょっと泣けてきました。

朝のおねえさんと比べてもしょうがないって

わかってますが、自分がなんかあかんのかなとか

考えちゃったり。

寝れる時に寝ておこうと横になりました。



入院3日目。

夜中の3時...

思えばここからが長い闘いの始まりでした。

ふとおしりが痛くて目が覚めました。

おしり??!

と手足だけやたら寒いことに気づきました。

お部屋の扇風機がついていたので

看護婦さんを呼び、消してもらい

熱をはかったら 37.8℃

発熱?! 少し経ったら、寒気がなくなり

ひたすら体が熱いっ 38.8℃になってました。

意識もうろうの中

ウトウトしておしりの痛みで目が覚め

なんとか耐え、気づいたらウトウトしてる

をずっとくり返していました。

痛みの時、

シーちゃんの心拍が弱くなる傾向にあるらしく、

酸素マスクをつけられました。


たぶん朝方内診。

子宮口はあんまりかわりないが、薄くなってるそう。

だんだん痛い時

誰かに押してもらえないと耐えられなくなり

痛みがくるたびに「おねえさまー!

おしりを!おしりをお願いしますー!」

言うてました(´・∀・`)

でも 看護婦さんや助産師さんも

つきっきりでいてくれるワケではないので

9:00ごろにくるっていってたおじさんとお母さんを

ひたすら待ってました。

誰でもいい!けど、力持ちのおじさん

早く早く来て!って思っていました。


9:30ごろ おじさんたち到着。

最初お母さんに押してもらったのですが、

疲れちゃうんじゃないかなーと思い

おじさんを連れてきてもらいました。

おじさん昨日寝る前の

普通なやり取りのテンションできてるので

ワケわかってない様子。

看護婦さんに

「(コツを)教えてあげてくださいー!」と叫ぶ。

ここから必死すぎて記憶があいまいです。


とにかく痛みの波がきたら

「おしりー!いたいー!」とおじさんに合図。

おじさん必死におしり押す。

おさまる。

合間にちょっと会話をくり返す。


なぜ前じゃなくっておしりなのかって

シーちゃんですねぇ

おしりに向かってぐいぐいきてるみたいで

頭が当たって激痛をおこしてる様子。

なんでおしりやねん!

おじさんの方向音痴が今ここに!


ちなみにおなかというか子宮というか

前の方は全然痛くなかったです。


10:00ぐらいかな。

内診で子宮口が5cmと言われる。

進んでる(=゚ω゚)

と内診の度にシーちゃんの頭の位置を前にずらす。

おしりじゃなくて前に向かってー!っていう。


そこからもうひたすら痛みと熱さと闘う。

酸素マスクの中で必死に深呼吸。

「おしりー!」の合図でおじさん押す。

おじさんも手は痺れるわ疲れるわもうグッタリ。


12:00 13:00

だんだん痛みが強くなる
&間隔が短くなってきてる気がする。

時々内診してもらう。

子宮口7cmって言われる。確実に進んでる!

がんばるがんばる。

14:00ぐらいかな

痛みが変わってくる。

おしりの痛み+下っ腹にもぐぐぅー!とすんごい痛み。

思わず「ううぅー!」って声がでる。

おなかの下の方で
なにかがビッチビチ飛び跳ねてる感じ。

必死に耐える。

ずっと目をつぶって酸素マスクの中で

深呼吸して耐えてて。

痛みの度におじさんがおしりを押してくれて、

背中と腰を揉んでくれる。


何時かわからないけど

やっと子宮口が全開と言われました。




明日に続く。


ぽちッと応援お願いいたします
にほんブログ村 子育てブログ 子供とペットへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


いつもありがとうございます╰(*´︶`*)╯


スポンサーサイト

theme: マタニティライフ - genre: 育児

| シオン | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Write comment




(編集・削除用)

Trackback url

Trackback
« Next  « Home »  Prev »

↑Back to Top

PROFILE

rae

ピッティン:2015/9うまれのセキセイインコ♀

rae:飼い主

ダンナ(おじさん):
ピッティンの永遠のアイドル

前のぴーちゃん:初代セキセイインコ♂
13年でお空へ。

シーちゃん:2018/4うまれの男子

TRACKBACK
SHOPPING
ARCHIVE
COMMENT
OTHER