FC2ブログ
レポ 小話
2018042209285811a.jpeg


今回のピッティンのたまごん

今までで1番大きい気がする...!

「待っててくれてありがとうね」と伝えました。












入院中のちょっとした小話です(*´-`)



・不思議な瞬間

痛みに耐えて分娩台まで歩いて上がった後

ふと痛くもなくかゆくもなく無の瞬間があって、

隣にいた看護婦さんに

「すいません。私、すごい近眼で

何にも見えてないんですー」って普通に

話しかけていた。

あれは一体なんだったんだろう(・∀・)





・20代後半?助産師さんのひとこと

なんというか

お化粧バッチリでおねえさん!って感じの方


シーちゃんを眺めながら、


「....どんなオトコになるのかしらね?」

忘れられない笑




・ぽつーん

最初にいたママさんたちがどんどん退院していき

後半ひとりポツーン(・ω・`)

夜中の授乳時間もぽつーん...

お世話してくれる看護師さんたちも

もうひとりでも大丈夫そうねって感じで

誰も来てくれず、授乳室でまじ孤独感(´・∀・`)

タイミングの問題っすね..




・やっぱり大爆笑

痛いと笑えてくる私。

内診グリグリは大爆笑でしたが

母乳開通マッサージも大爆笑でした。

経験された方はご存知だと思いますが...

めっっちゃくちゃ痛いのです(´;ω;`)

陣痛よりこっちの方が痛いって方もいるんだとか。

夜中にうるさいわって思い、

鼻つまんで息止めてました。

なかなか珍しがられました..





・確かに...


なかなか子宮口が開かなかったので

帝王切開の可能性もあって。

(破水してから

何日もそのままにしとけないそうです)

高熱が出たあたりから

「もう帝王切開にしない?」と思ってた自分。

もうろうとする頭で先生に

「せんせぇー...
もう帝王切開でよくないですかー..?」

と言ったら、「みんなそういうんだけどねぇ〜」

で、結局普通に産めて。

入院後半に帝王切開で産んでたママさんが

いらっしゃったのですが、

もうねその痛々しい様子を見て

普通分娩の方が回復が早いってそうか確かに..

と思いました。

先生、ありがとう..!



何か思いだしたら、また書きますー



ぽちッと応援お願いいたします
にほんブログ村 子育てブログ 子供とペットへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


いつもありがとうございます╰(*´︶`*)╯

スポンサーサイト

theme: 子育て - genre: 育児

| シオン | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Write comment




(編集・削除用)

Trackback url

Trackback
« Next  « Home »  Prev »

↑Back to Top

PROFILE

rae

ピッティン:2015/9うまれのセキセイインコ♀

rae:飼い主

ダンナ(おじさん):
ピッティンの永遠のアイドル

前のぴーちゃん:初代セキセイインコ♂
13年でお空へ。

シーちゃん:2018/4うまれの男子

TRACKBACK
SHOPPING
NEW
ARCHIVE
COMMENT
OTHER